miércoles, 5 de marzo de 2008

もうCalçotsの季節だ!

ヨーロッパの冬の終わり、カタルーニャ地方では“La Calçotada“(çcyをあわせて発音する)いうとても”おいしい習慣“がある。

Calçotsはタマネギの一種で、白タマネギの芽を何ヶ月か土の中で育てると、ほどよく柔らかくなり、そして甘みを出す。

畑から calçots を採り出したら、料理のときに使かえるように涼しいところで保存する。

Calçotsは炭火焼きにする。その時に calçotsを丸焦げにする。この調理法は変におもうかもしれないが、後でその焦げの部分をとって、なかみだけを食べるのだ。そして、ほかにも“Salsa Romesco”という特別なソースをかけてたべる方法もある。

一度calçotsを食べた人は絶対にハマる。その理由は味だけではない。友達と山に行ってcalçotsを食べたり、masia(カタルーニャ・アルゴン地方の畑や牧場に囲まれた農家)や山にあるレストランで食べたりすることもある。そんないい口実ができるからだ。

実際には、calçotsの本当の歴史を誰も知らない。

しかし、昔、“pages”と呼ばれるカタルーニャ人の農民が栽培したタマネギを料理していると、すこし目を離したすきにタマネギが真っ黒焦げになってしまった。しかし、彼はそのタマネギを捨てるどころか焦げた部分だけを取り除き、食べてみた。すると、これがなんとすごく美味しかったのだ。そして、これが今では毎年Calçotsの日を祝う小さな習慣へと変わっていったらしい。

2 comentarios:

Sara (Arashi) dijo...

Mmmmm, yo comí el otro dia *¬*

Que buenos están *¬*

Anónimo dijo...

SILVERDAVE

ohaio curnechu-"chan" jajaja buaa yo tb comi el otro dia... mmmmmmmm jojo :D